tabasaの寝床
tabasaのごった煮。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分探しの旅へ♪
抜糸後の傷痕。
治って来たのか物凄く痒い~

かさぶたを剥がしちゃうクセのあるtabasa。
今、丁度いい感じでかさぶたになってますw

剥がしたい衝動にかられながら
『いや、顔だし、シミにでもなったら困るし!』
と、一生懸命自分に言い聞かせて
本当に必至でガマンしてます

早くペロンと剥がれてくれるといいんだけど。
それまでガマンガマン!

そんな忙しい中w、
活字中毒のtabasaは
こんなモノを読んでいました♪
  男のための自分探し
男のための自分探し
『男のための』と書いてあるように、
オトコ目線での自分探しが書かれてます。

『自分探し』と書いてあるけど、
要は
『どうやって生きて行くか』
を昔の哲学者のコトバなんかを多用して、
分かりやすく書いてある感じです。
コレだけじゃ大雑把過ぎだけどねw

途中まで何の違和感もなく読み進めたtabasa。
う~ん。。。。。
頭の中に文字が入って来ない。
自分は常々
『オンナっぽくない』
と思って来たけど、
どうやらtabasaはオンナのようですw

3分の1くらいは
『自分とは何か』について
『性』を絡めて書いてあるので、
『え~!?』
って思うコトばかり。
『オトコは遺伝子を残すコトをメインに考えてる』とか
『行動は全て気持ちいいコトに繋がってる』とか
『オトコってそんななの?』ってコトばっかり

あまりにも頭に入って来ないのでw、
オトコ目線から
つまりは彼の目線になって読んでみるコトに変更。
。。。。。
うん、ちょっと納得出来てきたw

人はいつも
『今の自分は本当の自分じゃない』
と考えているトコロがあるそうで。
だから
『どこかに自分の求めているモノ、
 真の人生があるハズ!』
って考え付いて自分探しを始めるのだそう。
【本当の自分(本当の満足) = 本当の幸せ】
だからね♪

確かに自分の人生に100%満足してる人なんて
一人もいないよね、きっと。

『自分』ってどこにあると思う?
頭?ココロ?身体?
人は(特にオトコの人は)気持ちいいコトに逆らえない。
だけど、『気持ちいいコト』って
結局は『身体が気持ちいいコト』であって
『自分』が気持ちいいコトではないんだって。
『自分の身体が喜ぶコト』ばかり求めているから
『自分』は幸せになれないんだ。
とこの本には書いてあります。

『確かにね~。』
とは思うけど、身体も自分のパーツだよね。
とか密かに思ったりしてw

この辺で
『この本、自己啓発系の本じゃないのかも?』
と思い始めたtabasa。
えぇ、その通りでしたw
これ、こんな明るい(いい意味で軽い)感じの本なのに
『哲学の本』なんですよw

哲学ってtabasaの言うトコロの【屁理屈】w
重箱の隅を突付くようなコトバの羅列。
やっと納得w
哲学本だと思って読めばスラスラ入る。
tabasa、【屁理屈】だとは思ってるけど
決して嫌いじゃないから。
日々疑問を解決しなくちゃ気が済まないtabasa。
哲学ってそう言う疑問を大事にする学問だからね♪

自分があと一週間で死ぬと宣告されたトキ。
そのトキに是が非でもやりたいコトが
人生で一番やりたいコトだとも書いてある。
それに従うのが『幸せな人生の始まりだ』と。

でも一週間で死ぬのが分かってたら
取り合えず働かないしw、
tabasaのように
大好きだけど時間のかかる編み物や
エステや小説、掃除や洗濯。
そんなのも全部やらなくなっちゃう。

『生きる意味を探すコト』
それが自分探しなんだって。
その為に『あと一週間で死ぬとしたら』と考えるのだそう。
それなら分かる。
時間がないのに余計なコトなんてしないもんねw
大事なコトだけするもん。
だからそれが
『自分にとって一番大事なコト』=『生きる意味』
なんだなぁって。

遺伝子だけ残したって意味がない。
カタチだけ残したって意味がない。
本当の人生。本当の幸せ。
それを見つけましょう。と言うコトらしい。
うーむ、納得。

『自分が無知だと自覚する者こそが最も賢い』
印象に残ったコトバ。
自覚がないと『知ってる』コトにだけ鼻高々。
知らないコトなんてないなんてうそぶいて、
そういう大人っているよね~。

知らない事は賢くなる第一歩♪
疑問がなければ人から聞いたコトだけを
並べ立ててるに他ならないもんね。

人間って自分にウソがつける生き物だから
本当にそう思う。
見たい事しか見ない。
見たいと思った事しか見えないようにしてしまえるんだよね。
便利なようでとってもあくどい生き物だよね、人間って。

だからしっかり自分を見つめて
自分の本当の幸せ考えて
tabasaも人生しっかり歩みたいな。

自分の人生に疑問を持ってる人は
読んだら何かが見つかるかもしれない本です。
『哲学』のカテゴリーと考えれば、
読みやすくなってると思いますw

最後に。
それにしたってソクラテスは屁理屈過ぎw


ポチポチッとしてくれたら小躍りして喜びます♪
ranking ファイブ ブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
tabasa様

jibun354と申します。
私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。
http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20081212/1229325283
にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。
2008/12/15(月) 16:27:37 | URL | jibun354 #3YurfxnA[ 編集]
初めまして♪
jibun354さん
初めまして♪
コメントありがとうございました♪
お返事が遅くなってしまってごめんなさいv-356
さっそくお邪魔させてもらいますね♪
2008/12/17(水) 16:34:47 | URL | tabasa #XQHW0nQk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabasa.blog32.fc2.com/tb.php/684-2ded3019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
男のための自分探し 伊藤 健太郎(著)が tabasaの寝床 にて紹介されています。 自分探しの旅へ♪ 抜糸後の傷痕。治って来たのか物凄く痒い~かさぶたを剥がしちゃうクセのあるtabasa。今、丁度いい感じでかさぶたになってますw剥がしたい衝動にかられながら
2008/12/15(月) 16:28:02 | 『男のための自分探し』が面白い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。